相互リンクと規格

日本で最大手の検索エンジンとされてきたYahoo!Jaoanが、以後はGoogleの検索エンジンを採用すると発表したことで、検索エンジンではGoogleの規格にのっとった方法で行うことが最も有効なSEO対策とされるようになりました。Googleでは被リンクの数がまだまだ「Googleページランキング」で高い評価を得るための条件になっているため、相互リンクを多く獲得することは重要なSEO対策となります。
しかしGoogleはYahoo!Japanのようにディレクトリ登録を有料で行なってきた経緯などがないため、あくまで検索エンジンの表示内容は自社独自のアルゴリズムに従って行われています。そのため、一度Googleから低い評価を受けてしまったページはそれ以後なかなか評価が戻らなくなってしまい、検索エンジンでの上位表示が難しくなってしまうという危険な状態となってしまいます。有効なSEO対策とするために、適切な相互リンクの獲得を目指していきましょう。
GoogleとYahoo!Jaoanの検索結果は、提携前までは同じように見えて微妙に違う結果となっていました。これはそれぞれが独自の規格に従ったページの評価方法をしていたためで、これまではSEO対策をするときには「Google用」「yahoo用」というように場合わけをして考えなければならないような状態が続いていました。
ある意味において、GoogleとYahoo!Japanの検索エンジン提携は、SEO対策の簡略化になったとも言えます。